建設コンサルタント、測量、地質調査、補償コンサルタント、情報処理

 
 
 

 

建設コンサルタント 測量業 地質調査業 補償コンサルタント 情報処理業
 建設分野においては、橋、護岸、堰堤、ビルなどの構造物の建設、公園などの造成が、地盤の上に行われています。
したがって、これらの設計計画を行うには、その場所の地盤状況を正しく知る必要があり、常に、以下のような疑問(問題点)が発生します。

・重い構造物を載せても大丈夫?(基礎の沈下、支持力問題)
・山を切り土しても滑らないか?(のり面崩壊、地すべり)
・硬すぎて掘れないのではないか?(土工、掘削性)
・地下水の影響は? (湧水処理、ボイリング、井戸枯れ)などなど

 これらの疑問を明らかにして、解決するための基礎資料を提供するのが、地質課の役割であり、私たちは、以下の手順で実施しています。

(予察)
@設計案と地形図、既存文献など考察し、
A地質構成を推定し、設計に予想される問題点を抽出します。
B推定事項を検証し、解決方法を見つけるのに必要な調査方法を提案します。

(調査)
@立案した調査を実施し、地盤構成を明らかにします。
A調査結果を考察して、地盤の物理特性、力学特性を推定し、
B設計・施工上の問題点、留意点を明らかにします。
C必要に応じて、問題に対する解決案を提案します。
D必要な場合は、追加調査を提案します。

※調査方法:地表踏査、機械ボーリング、標準貫入試験、簡易貫入試験、
 水位計測、物理探査、その他の現位置試験、室内試験

ページトップへ



総合建設コンサルタント
一級建築士事務所


Copyright (c) 2006, Kimikon co.ltd, All rights reserved.