株式会社キミコン

業務内容

埋蔵文化財調査

最新の発掘・測量技術で国民の財産である埋蔵文化財を未来に残します。

デジタル技術の発展により、測量器機等も進歩しております。
弊社におきましては、最新鋭のデジタル器機を用いて、お客様に満足頂ける成果を提供いたします。
発掘調査・成果品作成の経験豊富な技術者により適切なご提案をさせていただきます。
その他埋蔵文化財発掘調査に関する依頼・ご質問等についてはどんなことでもご相談ください。

文化財関連の事業項目
  • 発掘調査( 本調査・試掘調査)
  • 発掘支援調査( 保有の調査員有り)
  • 出土遺物整理【洗浄及び注記・遺物実測・デジタルトレース・遺溝トレース・遺物写真撮影及び報告書作成】
  • 文化財測量/ 成果品作成/ 版下作成等
  • 空中写真撮影( ドローン)【オルソ画像・点群処理・資料用写真撮影】
  • 発掘調査に関わる土工事一式

発掘作業

1.遺構・遺物検出

遺構・遺物検出

地中に残された人類の痕跡を探していきます。
地面をうすく削っていくことによって、穴や溝を発見することができます。

2.遺構掘削

遺構掘削

遺構の内部を丁寧に掘削していきます。
遺構内の埋土の状況を確認するため、遺構を掘り下げたりします。非常に繊細な技術を必要とします。

3.遺構・表面精査

遺構・表面精査

報告書等の写真撮影を行うために、遺構・遺物の周辺を丁寧に清掃します。
写真の良し悪しにとって重要な作業になります。

4.遺物洗浄

遺物洗浄

遺物洗浄とは調査によって出土した土や泥にまみれた遺物の表面をきれいにする作業です。単純作業に見えますが、丁寧さを求められる作業です。

測量

遺構測量

遺構測量

熟練した測量技術者により、出土状況を測量します。弊社では最新鋭の測量機器を用いて測量を行っております。高い精度を求められる重要な作業です。
※使用器機【自動追尾型トランシット】

デジタル図化

デジタル図化

遺跡の図化作業を調査区内で即時に行い。調査の効率化を図ります。各種遺跡の図化を専門技術者が行います。
※使用ソフト【デジタル図化ソフト】

空中写真撮影

ドローン

ドローン

※使用ドローン
HPANTOM3(DJI) / SKY-Mapper(Trimble)

資料用写真撮影

資料用写真撮影

※使用ドローン
HPANTOM3(DJI) / SKY-Mapper(Trimble)

オルソ図化

遺構・遺物などの文化財を記録するため上空から撮影を行い、発掘された遺構・遺物の出土状況を平面図・遺構図及びオルソ図を作成します。オルソ図を作成することで、様々な角度から文化財を視ることができます。
近年では文化財の記録保存としてデジタルデータの活用が多くなり、弊社においても各種データの作成を行っております。

合成

現地説明会

地元住民・考古学ファンはもちろんのこと、地元小学生を招いての現地説明会等を行い地域貢献に努めております。
また、調査区周辺の清掃作業などの環境美化につきましても努めてまいります。

1.地元説明会

地元説明会

2.展示物コーナー

展示物コーナー

3.地元小学生への説明会

地元小学生への説明会

4.説明会状況写真

説明会状況写真

調査実績

福井城跡(16-5 地区)※写真1

福井城跡

糞置遺跡※写真2

糞置遺跡

調査実績

吉野瀬川ダム建設工事に伴う遺跡調査
福井県越前市池ノ上地係H.23.6 ~ H.23.7 調査面積=6830㎡
福井城跡(16-5地区)
福井県福井市手寄地係H.28.4 ~ H.29.7 調査面積=2100㎡【写真1】
糞置遺跡(その1)
福井県福井市二上地係H.28.10 ~ H.29.3 調査面積=8140㎡【写真2】
糞置遺跡(その2)
福井県福井市二上地係H.29.4 ~ H.29.6 調査面積=2740㎡【写真2】
二上半田古墳群(下請業務)
福井県福井市二上地係H.29.7 ~ H29.8 等調査面積=840㎡
埋蔵文化財調査のこれまでの業務経歴はこちらをご覧ください。

業務経歴はこちら